目の下のたるみ改善法へようこそ!目の下のたるみの原因と改善法の秘訣をご紹介します。

目の下のたるみの原因

目の下のたるみは、なぜできるのでしょうか?


そもそも、目は、周りを脂肪で囲まれ、保護されています。

目の下の脂肪は、目の下の内側から外側にかけて、房状になって個別に存在していて、その脂肪の袋は、靭帯と呼ばれる支持組織によって支えられています。

そして、顔の筋肉や皮膚がそれらを被い、目から頬にかけての顔のラインを形造るのです。

若くて健康な目の下の組織は、そのラインを張りのある若々しいラインに保っています。


しかし、目の下のたるみは、次のような原因で現れてきます。


・老化      ・疲労
・むくみ     ・肥満
・アレルギー  ・その他の病気



これらの原因で、目の下の靭帯や筋肉や皮膚がゆるみ、脂肪の房の圧力に耐え切れずに、目の下のたるみが形成されるのです。
原因によっては、目の下に余計な脂肪の房ができてしまっていることもあります。


つまり、目の下のたるみの原因は、以下の組み合わせと考えられます。

1. 目の下皮膚が、加齢やアレルギー等でゆるんだり、腫れたりしている
2. 目の下筋肉が、ゆるんだり肥大している
3. 目の下靭帯が、ゆるんでいる
4. 目の下脂肪が、増加したり肥大している



目の下のたるみ改善のために【その1】皮膚のケア

皮膚(特に顔の皮膚)の変化には、自然な年齢的な変化よりも、外部からの有害な環境のほうが大きく影響しています。

ですから、外部からの皮膚の損傷を避けること!

これが、自分で出来るもっとも有効でお金のかからない皮膚ケアです。


ここでは、皮膚損傷を引き起こす外部の要因にはどんなものがあるのか、それらをどう避けるかの基本を紹介します。

この基本を知らないと、どんなに努力しようと、どんなに高価な化粧品を使おうと、目の下のたるみに関係する皮膚の損傷は解消されません。


1)紫外線

今やほとんどの人が、太陽の紫外線が皮膚に損傷を与え、時には皮膚癌の危険を増加させることを知っています。

しかし、紫外線カットに真剣になっている人はごくわずかです。

ほとんどの人は「自分にはあまり関係ない」と思い込んでいます。

そして、自分の皮膚を生活紫外線にさらしてしまっています。

日焼け止め剤を上手に使い、日常の紫外線から皮膚を守っておくことは、思っている以上に大切です。


2)洗顔剤

強力な洗顔剤や化粧おとしは、顔のお化粧を簡単におとすのに非常に便利です。

しかし、洗顔剤の中にはしばしば皮膚を損傷するのに充分な成分が含まれています。

硫酸ナトリウムなどイオン系の成分が含まれていないかどうか、成分表示を注意深く見てみましょう。

アルコール成分が中心の洗顔剤も、皮膚を保護する皮脂を奪って皮膚を損傷させやすくする可能性があります。

比較的安心なのは、赤ちゃん用の洗顔剤に切り替えることです。


3)お湯

水道水の中の塩素は、殺菌のための化学物質ですが、皮膚にダメージを与える危険があります。

化学物質は温度が高いほどより強い反応を引き起こします。

つまり、水道水の中の塩素も、お湯の中のほうが、皮膚にダメージを与える危険性が大きくなるのです。

熱いシャワーやお風呂のお湯で、顔を洗うのは気持ちよいと感じる人も多いのではないでしょうか?

1日2回以上のお湯を使った洗顔は、あまり勧められません。


4)不摂生

睡眠不足や、アルコール飲料を飲みすぎた朝、目覚めの顔がむくんでいた経験はありませんか?

このようなむくみを繰り返すことも、目の下のたるみの一因になります。

むくみは、皮膚を伸ばして、しわやたるみを引き起こしやすくするのです。

夜の不摂生が、顔を老け顔にしている場合がありますので要注意!


5)表情

目の下のたるみ改善するためには、顔の表情にも気をつける必要があります。

顔の表情のなかで最も良くないのが、しかめ面

試しに、しかめ面をした自分の顔を鏡でチェックしてみてください。

顔全体にしわが作られ、目の下のたるみが・・・。

顔をしかめる癖や習慣は正しておくほうがよいのは一目瞭然です。

また、目を細める表情は、目の下のたるみや目の回りのしわを助長します。

物が見えにくいときに目を細める人が多いことを考えると、メガネの調整も顔のスキンケアに役立つと言えそうです。



目の下のたるみ改善のために【その2】筋肉や靭帯

顔の筋肉や靭帯のために自分でできるのは、顔のストレッチ

目の下ストレッチは次の要領で3〜4回行いましょう。


1) 目をカッと見開いて眉をつり上げ、5秒間保ちます。

2) 次に、その状態のままで、下まぶたを上に引き上げて目を閉じ、5秒間保ちます。

下まぶたを上に引き上げる動作はちょっと難しく感じるかもしれませんが、下まぶたに意識を集中して行うのがコツです。



顔のストレッチの後は、マッサージを行いましょう。

目の回りのマッサージは、化粧をしていない状態で、力が入り過ぎないように薬指で軽く行うのがポイント。

目の下のたるみ改善には、目の下の骨のラインで目尻から約4分の1内側のところを回すように押します。
左右とも5回ずつ行います。

次に、両側のこめかみを回すように5回押します。2〜3回繰り返してください。