まぶた(瞼)のたるみ解消法へようこそ!まぶた(瞼)のたるみの原因と解消法の秘訣をご紹介します。

まぶた(瞼)のたるみの第一歩

「目は心の窓」。目もとで年齢を感じる人は多いと思います。

特に、まぶた)のたるみは顔に老けた印象を与えてしまいます。

また、まぶた)にたるみがあると、目にパッチリした印象が薄れ、眠そうな感じです。


早い対策を講じるために、まぶた(瞼)のたるみサインをチェックしてみましょう。

では、指先でまぶた(瞼)をつまんでみてください。

まぶた(瞼)が戻りにくいなら要注意!まぶた(瞼)のたるみの第一歩です。


起床時に、まぶた(瞼)がむくんでいることが多い人も要注意!。
まぶた(瞼)のたるみを助長する可能性があります。


人の顔の印象を大きく左右する目もと。
まぶた)のたるみ解消して、イキイキした目もとを演出したいものです。



まぶた(瞼)のたるみの原因

まぶた)がたるみやすい一番の理由は、まぶた(瞼)の皮膚がとっても薄いこと!

目もとの皮膚は、眉毛から目に向かって少しずつ薄くなっていくのです。

このため、重力や皮膚の下からの圧力を支えきれないと、まぶた(瞼)がたるみます。


したがって、まぶた(瞼)がたるむ原因は、まぶた(瞼)の皮膚のダメージ!

まぶた(瞼)の皮膚は、ただでさえ薄いのに、その皮膚がダメージを受けると皮膚の張りは簡単に失われてしまいます。


紫外線  ・乾燥  ・洗顔剤   ・お湯   ・疲労

などが、まぶた(瞼)の皮膚にダメージを与えて、たるみの原因になる代表です。



まぶた(瞼)のたるみ解消の基本ケア

1)紫外線

紫外線が皮膚にダメージを与えることは知っていても、屋内や曇天でも紫外線の影響が強いとは思っていない人が多いと思います。

でも、そんな生活紫外線に無防備にしていると、皮膚のダメージが積み重なり取り返しのつかないことに・・・

まぶた(瞼)のたるみ解消には生活紫外線の防備は必須科目です。

また、紫外線のダメージは皮膚の乾燥も招きます。

たとえ外出しなくても、UVケアを忘れずに!


2)洗顔、クレンジング

まぶた(瞼)や目元の化粧は、崩れ落ちにくいメイクをしますよね。

落ちにくいからといって、まぶた(瞼)や目元をゴシゴシこするような洗顔はタブー!
皮膚がとっても薄いまぶた(瞼)の張りは一遍に失われてしまいます。

アイメイクは丁寧にやさしく時間をかけて落とすことです。


また、1日2回以上のお湯を使った洗顔は、あまり勧められません。

水道水の中の塩素が、皮膚にダメージを与える危険があるからです。


まぶた(瞼)のたるみ解消には、余計な洗顔や力の入ったクレンジングは厳禁!


3)疲労

睡眠不足や、飲みすぎ、パソコン作業のしすぎなどによる疲労は、もろにまぶた(瞼)の皮膚にダメージを与えます。

まぶた(瞼)は血流が比較的乏しく、疲労でさらに血流が悪くなりやすいからです。

睡眠不足や疲労で、まぶた(瞼)がむくんだ経験もありますよね。

むくみを繰り返すと、まぶた)のたるみができやすくなります。

たとえば、充分な睡眠、飲みすぎないといった日頃の心がけ、

そしてパソコン作業は長時間続けないで、定期的に目を休めるような心がけが必要です。

まぶた(瞼)のたるみ解消には疲労をためないことが大切!



まぶた(瞼)のたるみ解消の目もとケア

1)まぶた(瞼)の洗顔方法

まぶた(瞼)洗顔の力加減は、指が直接肌に触れないようにするくらいでOK。

「肌に触れないでどうやって洗うの?」とツッコミを入れられそうですが、
指で泡を動かすように洗うイメージです。

目元の泡を目のくぼみのに沿うように左右に軽く動かしながら洗います。


2)保水、保湿

まぶた(瞼)のたるみ解消のために、まぶた(瞼)の皮膚の保湿は重要です。

化粧水や美容液を、まぶた(瞼)にもしっかりなじませましょう。
目元専用の化粧水や美容液もあります。

まぶた(瞼)の皮膚の保湿でも、力の入れすぎはタブー!
薬指を使って、ソフトになじませてください。

または、化粧水や美容液を、大判のコットンにしみこませてまぶた(瞼)に乗せて、数分間仰向けで寝ているのが有効です。


3)アイピロー、シートパック

目の疲れを感じたときにアイピローを使ってみるのもよいでしょう。
温めたアイピローと冷やしたアイピローを交互に使う温冷刺激がおすすめです。

まぶた(瞼)を覆うようにつくられているシートパックも手軽で便利です。
最近は保湿成分を閉じ込めたジェルタイプのシートパックが多く、ずれないので一晩貼っておくことも可能。
はがすときに肌に負担がかからない製品を使いましょう。


4)指圧

疲れ目には、指圧も有効です。

指圧の前に、左右の人さし指の腹をこすり合わせて温めます。

目を閉じ、人さし指の腹を使ってそれぞれ左右のこめかみを軽く叩くように、20回くらい刺激します。

次に、目を閉じたまま、手を合わせて御椀のような形を作り、両手の人さし指の腹を目頭にあて、軽くこすりながら20回くらい刺激します。

また、目を閉じたまま眼球ををゆっくり回したり、上下左右に動かすのも疲れ目には効果的です。