資産運用方法としての投資信託をご紹介!投資信託で上手に資産運用しセカンドライフを豊かに過ごしましょう。

■資産運用方法:投資信託とは

資産運用方法として投資信託を選ぶといっても、そもそも投資信託とは何なのでしょう。

投資信託とは、資産運用したい投資家から資金を集めて、資産運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する仕組みです。その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配されるのです。

「自分の資産運用のひとつとして投資したいが自分ではよくわからない。」

そこで資産をどのように投資・運用するかを、専門家を信じて任せる(信託する)ために「投資信託」という商品があるわけです。

セカンドライフをより充実したゆとりあるものにするために、資産運用として投資信託を考えてみてはいかがでしょうか。


■資産運用方法:投資信託のメリット

資産運用方法にはいろいろありますが、投資信託を選ぶメリットとは何なのでしょう。

これは、 株式や債券に投資して資産運用するのと比較するとわかりやすいと思います。

まず、株式や債券に投資するには大きな資金が必要ですが、投資信託は小さな額から始められます。

個人で資産運用するには、株式や債券投資よりも投資信託のほうが手軽といえましょう。

また、株式や債券に投資するには、ある程度専門的な知識や駆け引きを身につける必要がありますが、投資信託は投資家に代わって専門家が運用しますので心強いですね。

さらに、資産運用の基本はリスクを分散させることです。

個人で株式や債券を選択して分散投資するのはなかなか難しいと思いますが、そもそも投資信託の内容は、分散投資していることがセールスポイントになっている商品がほとんどですから、資産運用の基本を初めから押さえる事ができます。


■資産運用方法:投資信託のリスク

投資信託にもリスクがあると言われます。

他の資産運用方法と比べるとどうかというと、たとえば預金には元本保証がありますので、元本保証がない投資信託は預金よりもリスクがあるということになります。

また、資産運用の経験のない人が無謀に株式投資する場合に比べれば、投資のプロが運用する投資信託は個人の株式投資よりもリスクが少ないと言えるかもしれません。

どちらにしても、超低金利の日本の現状では、預金だけしていても元本を殖やすことはできません。現実には、振り込み手数料などを考えると、元本が減っていく場合のほうが多いくらいです。

必要最小限のリスクをとりながらも、元本を殖やすという考え方が必要になるのではないでしょうか。

それでは、投資信託資産運用する場合のリスクにはどんなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

一つ目のリスクは、価格変動リスクです。

投資信託の内容には、株式や債券が組み入れられていますから、その価格の変動が投資信託の価値を変動させる要因になります。

リスクを小さくする資産運用としては、投資信託の内容に組み入れられている株式の銘柄が比較的大型株のほうが価格変動が少ないですし、公社債であれば発行体の経営状況がよいことなどを確認しておいたほうが良いと思います。

もう一つのリスクは、為替リスクです。

投資信託の内容には、外貨や外国の株式・債券が組み入れられているものも多いです。この場合、円高(外貨が円に対して安くなる)が進行すると投資信託の価値が下がるという為替によるリスクが発生します。

資産運用のために投資信託を選ぶ際のポイントは、面倒がらずに目論見書にも目を通し、その投資信託がもつ特徴とリスクを把握することです。


■資産運用方法:投資信託のリスク管理

投資信託資産運用リスクをなるべく小さくし、リターンを大きくするために基本的な考え方をご紹介します。

第1に、資産を分散することです。

1つの投資信託にまとめて資金を投入せず、いくつかの種類に分散して投資したほうがリスクを分散させた資産運用となります。

第2に、投資信託の購入時期を分散することです。

投資信託も株式や債券の価格変動の影響を受けますから、たまたま株式や債券が下落する時期にあたるとリスクが大きくなります。
購入時期を分散したり、毎月一定額を積み立てる形式のほうがリスクは小さいでしょう。

また、リスク管理というわけではありませんが、「分配金」のある投資信託なら、分配金再投資をしないで分配金を現金で受取るほうが、運用成績が悪くなったときのことを考えると、少しですがリスクを小さくすることにつながると思います。


■資産運用方法:投資信託の種類

株式投資信託
資産運用方法の中心に株式を組み入れてある投資信託です。
株式が中心ですが、債券やコールといった他の運用方法も組み入れ対象になっていることがほとんどです。
しかし約款上は株式を組み入れることが可能な投資信託でも株式を組み入れないで運用するものもあります。

購入できる時期で分類すると、一定期間だけ購入できる単位型(ユニット型)と、いつでも追加購入できるオープン型があります。

公社債投資信託
資産運用の方法に株式を一切組み入れず、国債や社債といった公社債を中心に運用する投資信託です。
短期金融商品も運用の組み入れ対象になっていることもあります。

MMFや中期国債ファンドのようにいつでも換金できるものや、複利が期待できるものなどがあり、柔軟性に優れた投資信託と言えるでしょう。
 
比較的近い将来に使う予定のあるお金の資産運用にいかがでしょうか。

ETF(株価指数連動型上場投資信託)
株価指数連動型上場投資信託(ETF)とは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)といった株価指数に連動する運用成果を目指す投資信託です。
取引方法は株式と同じですので、株式投資と同様、買うタイミングと売るタイミングは個人の判断にゆだねられます。

J-REIT(ジェイ・リート)
不動産投資法人の発行する不動産投資証券がJ-REIT(ジェイ・リート)です。
主に不動産投資法人が保有するビルやマンションなどの不動産から得られる賃料収入を元にする利益からの分配を受けます。
J-REIT(ジェイ・リート)も取引方法は株式と同じですので、株式投資と同様、買うタイミングと売るタイミングは個人の判断にゆだねられます。


投資信託で資産運用する方法
投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方
投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方
オススメ度
価格:\1,575
通常24時間以内に発送
この本はまず、トップで預金と投資信託のセット商品、毎月分配型投資信託、ファンドオブファンズのバランス型ファンド、Bシェア型受益証券など、日本において金 ...
投資信託選びでいちばん知りたいこと
投資信託選びでいちばん知りたいこと
オススメ度
価格:\1,680
通常24時間以内に発送
将来いくら必要なのかを決め、そこから逆算して投資信託を買うという手法には納得させられた。
リスクとリターンの考えも勉強になりました。
   ▽サイトマップ▽
Copyright 2007 資産運用方法〜投資信託編〜 All rights reserved.