退職金の運用方法をご紹介!上手な退職金運用でセカンドライフを豊かに過ごしましょう。

■退職金運用方法は定年前から

退職金運用する方法は、定年退職する前からしっかり考えておきましょう。

退職金を運用する方法にはいろいろありますが、定年退職を向かえてからセカンドライフの資産運用をと思っても、その準備には現役時代からやっておいたほうが良いことも何個かあります。

退職金を受け取る前に把握しておいてほしいことも幾つかあります。

まとまって入ってくる退職金の目先の額ばかり気にしていても、資産運用は出来ません。

さて、あなたは退職金の運用方法をどうしますか?


■退職金運用方法を決める前に

退職金運用する方法は何が一番いいのでしょうか?」

こんな質問をされても困ります。
いつ、どのようにお金を使うかで、退職金運用方法は変わってくるからです。

定年退職後に自分は何をしたいのか?
そのプランを明らかにすることが先決です。

若い頃は「お金を貯めて増やす」ことばかり考えますが、定年退職後では「自分のためにどのようにお金を使うか」が大事なポイントになります。

夢実現のための費用の算出やセカンドライフの収支の見通しを立てることが、退職金運用方法を決める前に重要です。

退職金運用は、「お金を増やすため」ではありません。
退職後のライフスタイルを有意義にするよう「お金を使うため」なのです。


■退職金運用方法:ライフプランの作成

では、退職後のライフプランの作成のコツをお話しましょう。

退職後の夢ややりたいことをとりあえず全部列挙して、それらを時期別に数年単位で振り分けてみることです。

たとえば、年金の受け取りが始まる65歳までは、大きな出費はせずに退職金などの資産を上手に運用するセンスをみがき、65歳以降に本格的に資産運用と夢への出費を組み込むことも考えられます。

それでも、あまり堅苦しく考える必要はありません。

セカンドライフの夢やスタイルは変わっていくものですから。

その時に応じて、セカンドライフを楽しむためのテーマと資産運用を柔軟に見直しをしていきましょう。


■退職金運用方法:家計のバランスシート作成

退職金運用方法を考えるときに欠かせないのが、時期ごとの家計のバランスシートを予測し作成することです。

その時期の支出や負債がどの位で、収入がどの位になるのか?

これでその時期の余裕資金のメドが立ちます。

支出にあたるのは、生活費だけでなく税金、健康保険料、生命保険料、住宅ローンなど。

特に、会社勤務をされていた方は、税金、健康保険料は給料天引きだったために実感がうすいものです。
定年退職後は税金、健康保険料を自分で支払わなければなりませんからきちんと把握しておきましょう。

また、収入になる年金の支給額と支給開始の時期は内容をチェックしておくことが必要です。


■退職金運用方法:投資について

定年退職後の退職金運用方法投資を考える方も多いと思います。

投資の際に大切なことは、投資の目的をはっきりさせておくこと

たとえば、旅行する資金、別荘を購入する資金といったように目的が決まったお金ならば、それらに応じて投資する資金の額や投資する期間が決められます。

退職金をまとめてひとつの金融商品で運用しようとする方も見受けられますが、あまり上手な退職金の運用方法とはいえません。

目的別に上手に退職金を配分し、投資先を振り分けたほうがよいでしょう。

また、金融商品を購入するときは、あまり長期のものは購入しないで、中期の金融商品の満期が目的の時期に合うように購入して運用することをおすすめします。

70歳の時に20年ものの金融商品を購入してもあまり意味ないですよね。


退職金をFXで運用する方法
あなたのお金が4日で36%増えるHYIPという海外投資
あなたのお金が4日で36%増えるHYIPという海外投資
オススメ度
価格:\30,000
外貨預金の10倍パワー小資金で毎日1万円の金利収入月30万円PDF+印刷
外貨預金の10倍パワー小資金で毎日1万円の金利収入月30万円PDF+印刷
オススメ度
価格:\16,000
   ▽サイトマップ▽
Copyright 2007 退職金運用方法 All rights reserved.