資産運用方法としてのFXをご紹介!FXで上手に資産運用しセカンドライフを豊かに過ごしましょう。

■資産運用方法:FXとは

資産運用の方法としてFXを選ぶといっても、そもそもFXとは何なのでしょう。

FXとは、外国為替証拠金取引という外貨を売買する資産運用の取引の仕組みのことです。

Foreign Exchangeを略して、FXと呼ばれています。

資産運用を「円」ではなく、FXなどの外貨取引で行う意味は3つあります。

ひとつは、「円」と外貨の金利差です。

資産運用を銀行の定期預金などで行おうと思っても、「円」は今や超低金利ですから、利息がついてもスズメの涙ほど。

FXなどで高金利の外貨で資産運用したほうが、利息は当然大きくなります。

ふたつめは、為替差益が期待できることです。

たとえば、FXでドルやユーロなどの外貨を購入し、「円」に対してドルやユーロが値上がりした後に「円」に戻すと、その値上がり差分が利益になるわけです。

現状では、「円」と外貨の金利差などのために、相対的にドルやユーロが値上がる傾向が強く、資産運用としてのFXは結果が出やすくて人気が高まっています。

もうひとつは、日本財政の危ない実状に対する保険的な意味です。

ご存知のように日本の国家財政は超借金財政ですから、いつ破綻してもおかしくない危険な状態。

もし、日本の財政が破綻すれば、1,000万円が10万円の価値に下落するような悲劇さえ考えられます。

ですから、資産運用FXで行うということは、大事な資産を守る有効な手段なのです。

セカンドライフをより充実したゆとりあるものにするために、資産運用としてFXを考えてみてはいかがでしょうか。


■資産運用方法:FXのメリット

資産運用方法にはいろいろありますが、FXを選ぶメリットとは何なのでしょう。

これは、 株式や債券に投資して資産運用するのと比較するとわかりやすいと思います。

まず、株式や債券に投資するには大きな資金が必要ですが、FXは小さな額から始められます。

資産運用は少ない投資資金で大きな金額を動かすレバレッジが大切な要素のひとつですが、FXはレバレッジをどれだけかけるかを調節できるのです。

個人で資産運用するには、株式や債券投資よりもFXのほうが手軽な方法といえましょう。

また、株式や債券に投資するには取引き時間の制約がありますが、FX24時間取引できます。

FXの外国為替市場の1日は、ニュージーランドのウェリントン市場に始まり、シドニー、東京、ロンドン、ニューヨークと次々に市場が開いていきます。

ニューヨーク市場が閉まる時間にはすでにウェリントン市場が開いていますので、FXの市場は24時間取引可能です。

さらに、資産運用としてのFXのメリットはスワップ金利にあります。

スワップ金利とは、取引を行った2つの通貨の金利差のことです。

たとえば、資産運用のためにFXでドルを保有したとしましょう。

「円」は超低金利でドルは高金利なので、その差分をFXのスワップ金利として毎日受け取れるのです。

資産を一日定期預金に預けて毎日更新し、毎日利息を手にしているような感じです。

さて、資産運用としてのFXのメリットがもうひとつあります。

それは、FX取引手数料が安いこと。

FXの取引手数料は、一般的に外貨預金の10分の1程度で済みます。外貨預金では手数料分の利息を得るのもなかなか大変ですが、FXではわずかに為替レートが変わるだけで手数料分はすぐ取り戻せます。


■資産運用方法:FXのリスク

FXによる資産運用にもリスクがあると言われます。

他の資産運用方法と比べるとどうかというと、たとえば預金には元本保証がありますので、元本保証がないFXは預金よりもリスクがあるということになります。

また、資産運用の経験のない人が無謀に株式投資する場合に比べれば、ニュースなどを反映して値が動くFXはわかりやすく株式投資よりもリスクが少ないと言えるかもしれません。

どちらにしても、超低金利の日本の現状では、預金だけしていても元本を殖やすことはできません。現実には、振り込み手数料などを考えると、元本が減っていく場合のほうが多いくらいです。

必要最小限のリスクをとりながらも、元本を殖やすという考え方が資産運用には必要になるのではないでしょうか。

それでは、FXで資産運用する場合のその他のリスクにはどんなものがあるのかを把握しておきましょう。

一つ目のリスクは、為替リスクです。

FXの内容は外貨ですから、円高(外貨が円に対して安くなる)が進行するとFXの価値が下がるという為替によるリスクが発生します。

この場合、特にレバレッジを大きくしていると、大きな損が発生する可能性がありますから、FX初心者はレバレッジを大きくしすぎないよう注意してください。

また、FXには『売り』からはいるリスクというものが考えられます。

FXによる資産運用方法としては、実は『売り』から始める取引が可能なのです。

為替が円高に進むと予想されるときは、外貨を借りる形で『から売り』して円を手にし、円高が進んだときに外貨を返却する形で『買い戻し』することで利益を出せます。

ただし、FXによる資産運用方法として『売り』から入る場合、スワップ金利はどうなるでしょうか。

例えば、ドル/円の組み合わせで『売り』を行うと、スワップ金利を毎日支払わなければいけません。

スワップ金利を支払うことになるのは資産運用としては大きなリスクであり、現状ではFXによる資産運用方法として『売り』から入る取引きはおすすめできませんね。


■資産運用方法:FXのリスク管理

FX資産運用リスクをなるべく小さくし、 リターンを大きくするために基本的な考え方をご紹介します。

第1に、預託金を多目に入金しておくことです。

FXは証拠金を元手にレバレッジをかけて証拠金の何倍かの 外貨を購入して資産運用することができますが、 為替差益が下落し含み損になった場合、預託金がないと取引を決済せざるをえなくなり 証拠金は全部支払いに回されることになります。

第2に、FXのレバレッジを大きくしすぎないことです。

効率的な資産運用を目指すために、FXのレバレッジを大きくしたい気持ちはわかります。

しかし、証拠金に対する取引代金の割合は高くても5倍以下に抑えておきましょう。 レバレッジを大きくするほど、マイナスの為替変動を支えきれずに証拠金を失うリスクが高くなります。

第3に、FXをじっくり見守ることです。

為替が期待と反対の動きをとった場合に、何も慌てて決済して損を出すことはありません。

中期的な資産運用を心がけてじっくり待つことによって、為替相場が戻ってくることが多いものです。

第4に、誠実なFX仲介会社を選ぶことです。

単に、小額から始められるということを謳い文句にしてレバレッジを大きく取らせようとしたり、 頻繁な売買を進めて手数料を稼ごうとするFX仲介会社はオススメできません。

FXを始める前から資産運用のリスク管理は始まっているのです。

FXで資産運用する方法
外貨預金の10倍パワー小資金で毎日1万円の金利収入月30万円PDF+印刷
外貨預金の10倍パワー小資金で毎日1万円の金利収入月30万円PDF+印刷
オススメ度
価格:\16,000
   ▽サイトマップ▽
Copyright 2007 資産運用方法〜FX編〜 All rights reserved.