退職金運用・資産運用の方法をご紹介!上手に退職金と資産を運用しセカンドライフを豊かに過ごしましょう。

■退職金運用・資産運用の方法

退職金運用資産運用方法にはいろいろありますが、退職金や資産を運用する方法は、定年退職する前からしっかり考えておきましょう。

定年退職を向かえてからセカンドライフの退職金運用や資産運用をと思っても、その準備には現役時代からやっておいたほうが良いこともいくつかあります。

たとえば、個人年金の選択や資産運用方法の勉強、定年退職後の人生プラン策定などが大切です。

すべて、退職後のライフスタイルを有意義にするという目的に沿えるよう、自分のためにどのようにお金を使っていくかを真剣に考えながら退職金運用資産運用していくことをおすすめします。

退職金を受け取る前に把握しておいてほしいことも幾つかあります。

退職金の税金や確定申告の知識を得ておくことも必要です。

まとまって入ってくる退職金の目先の額ばかり気にしていても、資産運用は出来ません。

さて、あなたは退職金運用・資産運用の方法をどうしますか?


■退職金運用・資産運用の準備

退職金運用資産運用方法を考えるときに欠かせないのが、時期ごとの家計のバランスシートを予測し作成することです。

入ってくる年金、失業給付金などはいつからいくら入るのか?

定年後も働き続けることを希望されているならば、定年退職者でも失業給付を受けることができます。年金額と比較検討して多いほうを選ぶとよいかもしれません。

出ていく生活費、税金、健康保険料などはいくら出てゆくのか?

また、定年退職を迎える前に、セカンドライフの不安要因をピックアップしておくのも大切です。

いざという時のために医療費としてかかる費用などは取り寄せておくと安心ですね。


■退職金運用・資産運用の注意

退職金運用資産運用の注意として考える必要があるのは、税金手数料の問題です。

たとえば、株取引での利益は申告分離課税が適用され、2007年までは優遇税率10%で、それ以降は20%が徴収されます。

また、投資信託の分配金は源泉分離課税の対象で、こちらも2007年度までは優遇税率10%が適用され、それ以降は20%になります。

個人年金で受け取る年金にも所得税住民税がかかります。
その分、国民健康保険料も上がることになります。

さらに、株取引、投資信託、外貨預金などには、手数料が掛かります。

外貨預金の利率が良いからといって安易に外貨預金を始めたものの、手数料を理解していないために、最初は元本割れになることも知らなかったという話しも聞かれます。


■退職金運用・資産運用の方法

退職金運用方法
退職金の税金と確定申告
資産運用方法:投資信託
資産運用方法:FX
個人年金比較


退職金運用・資産運用の方法
ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (3) 「錬金術入門」篇
ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (3) 「錬金術入門」篇
オススメ度
価格:\1,890
通常24時間以内に発送
文章がほぼ口語体であるので堅苦しい感じがしないのが好感。

立ち読みで済ますにはやや難解な内容。

内 ...
   ▽サイトマップ▽
Copyright 2007 退職金運用・資産運用の方法 All rights reserved.